1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

こりゃいいね! トヨタタフ顔「SR5」 イカした5速MTピックアップがスゴい!

くるまのニュース / 2021年6月28日 17時10分

2021年6月中旬に米国・ラスベガスで開催された「バレット ジャクソン オークション」にて、1983年式のSR5が出品され、1万4850米ドル(約164万円/手数料含む)で落札されました。SR5とは、どのようなクルマなのでしょうか。

■38年前のトヨタ「SR5」がカッコイイ!

 日本でピックアップトラックといえば、トヨタ「ハイラックス」が2021年現在で唯一新車購入できるモデルです。

 しかし、海外ではさまざまなメーカーがピックアップトラックを展開しており、トヨタは「タンドラ」「タコマ」などが北米を中心に支持されています。

 そうしたなかで、かつてトヨタには「SR5」というピックアップトラックが存在しました。

 2021年6月17日から19日にかけて、米国・ラスベガスで世界最大級のカーオークションとなる「バレット ジャクソン オークション」が開催。1983年式のSR5が出品され、1万4850米ドル(約164万円/手数料含む)で落札されました。

 このSR5は、米国・アリゾナ州で使用されていたピックアップトラックで、最近になってフルレストアされたモデルです。

 外装は、ホワイトに再塗装され、純正のストライプも新たに貼り付けられています。

 足元には、純正ホイールをパウダーコートしたものに、グッドイヤー製タイヤを装着することで存在感ある印象を与えました。

 内装は、SR5専用バケットシート、カーペット、ダッシュボードのフェイクウッドアクセント、レトロサウンドラジオ、トリムやスイッチ類などが変更されています。

 また、このSR5には、当時あまり見られないオプションだった純正エアコンと純正パワーステアリングが装備されています。

 エンジンは、2.4リッター直列4気筒エンジン(22R型)に5速MTを組み合わせて最高出力約115馬力を発揮。

 今回、出品されたSR5ではフロントとリアのメインシールを交換したほか、オイルパンガスケット、タイミングチェーン、イグニッションコンポーネント、ラジエーター、オルタネーター、クーラントホース、パワーステアリングホース、フルード、オプティマレッドトップバッテリーなどを交換しています。

※ ※ ※

 2021年現在で製造から38年経っているSR5ですが、フルレストアされたことで新車のような輝きを取り戻しています。

 なお、SR5という名称は、前述のタンドラやタコマのグレードとして現在でも使用されています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング