1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

BMW新型「2シリーズ」買いのグレードは? E36型「318is」の再来なるか!?

くるまのニュース / 2021年7月12日 12時10分

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、BMWの新型「2シリーズ」が公開された。BMWに期待されるファン トゥ ドライブを楽しめる1台なのか、ローンチグレードそれぞれを解説する。

■保守派に支持されそうな「2シリーズ」誕生

 2021年7月7日、英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、BMW新型「2シリーズ クーペ」の概要が発表された。

 2022年初頭の市場投入が予定されているG42型となる新型2シリーズは、2014年に登場した現行型2シリーズ クーペの後継機種だ。まずは現在知りうる情報を整理し、新型2シリーズが買いか否かを考察してみよう。

●格上4シリーズ用をベースにしたシャシを採用

 ボディサイズは全長4537mm×全幅1838mm×全高1390mm、ホイールベース2741mmとなり、現行型から長さは105mm、全幅が64mm増加。ホイールベースも51mm長くなっているが、全高は28mm低くなる。

 全幅の拡大は、トレッド幅の拡大にもつながっていて、フロントトレッドは54mm、リアトレッドは31mm広くなっている。このシャシは、4シリーズ用をベースに開発されたものだ。

 ローンチグレードとして発表されているのは、「220iクーペ」、「220dクーペ」、「M240i xDriveクーペ」の3タイプである。

●3グレードの基本スペックは?

 エントリーモデルとなる220iクーペには、最高出力184ps/5000-6500rpm、最大トルク300Nm/1350-4000rpmを発生する、4気筒ターボガソリンエンジン(1998cc)が搭載されている。トランスミッションは8速ATで後輪駆動、0-100km/h加速は7.5秒、最高速度は236km/hとのこと。燃費性能はWLTPサイクルで14.7-15.9km/Lだ。

 220dクーペには、48Vマイルドハイブリッドテクノロジー(8kW/11hp)を組み合わせた、最高出力190ps/4000rpm、最大トルク400Nm/1750-2500rpmを発生する4気筒ディーゼルターボエンジン(1995cc)を搭載。トランスミッションはこちらも8速ATで後輪駆動、0-100km/h加速は6.9秒、最高速度は237km/h。燃費性能はWLTPサイクルで19.6-21.3km/Lとなっている。

 現時点でのトップモデルとなるM240i xDriveクーペは、最高出力374ps/5500-6500rpm、最大トルク500Nm/1900-5000rpmを発生する、直列6気筒ターボガソリンエンジン(2998cc)を搭載。4輪駆動のxDriveに8速ATの組み合わせで、0-100km/h加速は4.3秒、最高速度は250km/h。燃費性能はWLTPサイクルで11.4-12.4km/Lとのことだ。

 なお、M240i xDriveクーペのボディサイズは、全長4548mm×全幅1838mm×全高1404mmと、220iや220dよりも若干大きめ。これはエアロパーツの装備によるものだろう。前後トレッドも220iや220dよりも広くなっているが、これはタイヤサイズの違いによるものと思われる。

●従来デザインのキドニーグリル採用

 ホイールは標準モデルが17インチ、Mスポーツ仕様車が18インチ、M240i xDriveクーペは19インチが装備されている。

 エクステリアデザインは、LEDを採用したライト類のデザインがシャープになり、キドニーグリルは賛否両論のある4シリーズのような大型のものではなく、すっきりとした小型のものとなっている。

 インテリアはメーターに液晶パネルを採用しているほか、最新のインフォテインメントシステムも採用。オプションとして、ハーマンカードンのオーディオシステムや、リアシートの温度も個別設定できる、3ゾーンオートエアコンなども用意されている。ラゲッジスペースは先代から容量を拡大。リアシートは40:20:40の分割可倒式だ。

■走りを楽しめた名車E36型「318is」の再来なるか

 新型2シリーズクーペは、果たしてBMWファンにとって買いの1台なのだろうか。現在判明している概要から評価をするなら、まず運動性能は、FFとなる現行2シリーズグランクーペやグランツアラーとは異なり、走りに定評のある4シリーズのシャシをベースとしていることから、おそらく高いレベルにあるはずだ。同じ2シリーズといっても、まったくの別モノである。

 もちろん、動的な前後重量配分を50:50にするというBMWのポリシーは、このG42型2シリーズクーペにも受け継がれている。

パワフルな「M240i xDriveクーペ」もいいが、4気筒の「220iクーペ」の方がE36型「318is」のような、走りが楽しめるモデルになっている可能性大だパワフルな「M240i xDriveクーペ」もいいが、4気筒の「220iクーペ」の方がE36型「318is」のような、走りが楽しめるモデルになっている可能性大だ

●直6にFRはない

 また、4.5m程度という全長は、4775mmもある4シリーズと比べれば扱いやすいはず。好みの問題にはなるが、シャープなキドニーグリルのデザインも、「こっちのほうがいい」という人が多く存在するだろう。

 ただ、BMW伝統の直列6気筒エンジンは、4輪駆動車のみへの搭載となる。その一方でファンがBMWに求めるFRレイアウトは、4気筒エンジンのみとなる。

 絶対的な速さでは、現状のトップモデルであるM240i xDriveクーペが一番なので、直6エンジンがいいとか、とにかくパワーがなきゃダメ、という人は、M240i xDriveクーペ以外の選択肢はない。が、おそらく今後、Mモデルの投入もあり得るだろう。そうなると、新型「M2」の確定スペックが発表されるまで購入を待つのか、あるいは、まずはM240i xDriveクーペを購入しておいて様子を見るのか、悩むところだ。

●E36型「318is」に近いのは、4気筒モデルかもしれない

 では、4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した220iや、マイルドハイブリッドシステムも装備されている220dは、ただのエントリーモデルなのか。実はこの2モデル、走り好きにとって、狙うべきモデルなのかもしれない。たとえば4気筒ガソリンエンジンは、6気筒よりも軽く、おそらく搭載位置は、前輪車軸よりも後ろに収まっているはず。それは重量バランスのよさにつながり、かつて速さはないが運転の楽しさは一番、といわれた、E36型「318is」のような、走りが楽しめるモデルになっている可能性大だ。

 ATのトランスミッションも、3ペダルを使って操作する楽しさという部分は味わえないかもしれないが、パドルシフトを使えば、ドライバーはブレーキペダルの踏力や、ステアリング操作に意識を集中させることができ、より精密なコントロールができるようになる。

 220dも、高回転まで引っ張るのではなく、ディーゼルエンジンとモーターのトルクを活かした早いタイミングでのシフトチェンジをしながら走れば、スポーツドライビングを楽しめるはず。エンジンの重さではガソリンエンジンにはかなわないが、そのぶんトルクを活かすことを意識すれば、十分以上に走りを楽しむことができるだろう。

* * *

 個人的には、220iと220dにマニュアルトランスミッションがあってもいいのに、と思わないでもない。それこそE36型318isをドライブした経験のある人は、そう思うだろう。

 以前は、本国には必ずMTモデルが存在しており、どうしてもMTモデルが欲しい場合は個人輸入することができたが、今回の発表では、すべてのモデルが8速ATのみとなっていた。

 グローバル化という視点から考えると、おそらくMTモデルのラインナップは期待薄である。ならばそこは割り切って、車体のバランスのよさと、ドライバーの操作に確実に応えてくれるBMW製クーペの運動性能のよさに期待するというのが正解なのかもしれない。

 どうしてもMTでBMWを操りたいのなら、M2にMTがラインナップされるのを期待して待ってみるのもいいだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング