1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

BMW「X6M」をさらに95馬力アップ! マンハートのワイドボディキットは24ピース構成だった

くるまのニュース / 2021年9月30日 8時10分

BMWの高性能モデルである「M」からさらに95馬力上乗せしたマンハート「MHX6 700 WB」が誕生しました。ワイドボディキットは伊達ではありません。

■強心臓を手に入れ、ワイドボディで武装したマンハート

 625psの最高出力と750Nmの最大トルクを発揮する、モータースポーツ由来の4.4リッターV型8気筒ツインパワー・ターボ・エンジン。BMWのM社によって作り出されたこのエンジンは、BMWのオーナーのみならず、スポーツ志向の強いファンには憧れのエンジンである。

 このエンジンを搭載している1台が、個性的なMキドニーグリルからボンネット、フロントウインドウを経て、ダイナミックに傾斜するルーフラインに象徴されるスタイリングを特徴とする、BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)の頂点に位置する「X6Mコンペティション」だ。

●95馬力アップした「MHX6 700 WB」

 パワー志向のチューナーとして、BMWの世界ではお馴染みのマンハート社が、このX6Mコンペティションをベースに「MHX6 700 WB」をリリースした。

 まず、「WB」が意味する、24ピースからなる「ワイドボディキット」から紹介しよう。このボディキットにはフロントスポイラー、ラジエーターグリル、2ピースからなるリアスポイラー、リアディフューザー、サイドスカート、マルチパーツウイングエクステンション、サイドミラーハウジング、ボンネット、そして最大の特徴たるワイドフェンダーなどが含まれる。

 これらのパーツは、ランボルギーニの「フォージドコンポジット」にも似ており、見た目が大理石や花崗岩を彷彿とさせる仕上がりとなっている。

 その結果、MHX6 700 WBの外観は、速さを意識させるだけでなくゴージャスさが加味されており、さらにボディの残りの部分をマンハート・デカールを備えたグレー系のメタリック色でフルラップしたことで、個性的なカラーコーディネイトが完成することになった。

 前後のホイールは22インチ径の「コンケーブ・ワン」で、これはマンハートのオリジナルデザインだ。スタイリッシュな5本のダブルスポークデザインのホールに組み合わされるタイヤは、フロントが295/30R22、リアが315/30R22のサイズ設定となっている。

 同時にサスペンションのセッティングは、マンハートとH&Rのコラボレーションによりさらに最適化され、車高は約30mmローダウンされた。

 そしてこのモデルで最大の見どころといえるのは、フロントに搭載される4.4リッターV型8気筒ツインターボであろう。ノーマルのデータは冒頭で紹介したとおり625ps&750Nmだが、それをベースにマンハートはMHtronikと呼ばれるサブコンピュータを使用するか、ECUの再マッピングを実行することで、結果最高出力を730ps、最大トルクを900Nmにまで引き上げることに成功した。

 マンハートでは、同時にセラミック、もしくはカーボンでコーティングされた100mm径の4本出しエグゾーストシステムを用意しているが、これはTUVの認可が得られていないため、現在の段階では輸出専用となっている。強化型のブレーキシステムなど、ほかのリクエストについてもマンハートでは自社のファクトリーで応えてくれる体制だ。

 エクステリアのスタイリングに合せて、キャビンでも12ピースのカーボンインテリアキットが装着される点も見所だ。それにハイテクファブリックを組み合わせたキャビンの仕上げは、マンハートというチューニング・メーカーの大きな魅力であり、他社に対するアドバンテージであるといっていいだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング