1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ダイハツ電動車導入! 新型「ロッキーe-smart」発表へ 発電用エンジン搭載モデルを11月発売!

くるまのニュース / 2021年10月1日 13時57分

ダイハツ「ロッキー」に初のハイブリッド車が設定されます。ダイハツ独自のハイブリッドシステム「e-smart HYBRID」を搭載した新仕様はどのようなモデルなのでしょうか。

■100%モーターで駆動するロッキー ハイブリッド登場!

 ダイハツは、コンパクトSUV「ロッキー」にハイブリッド車「ロッキー e:smart」を追加し、2021年11月に発売することを明らかにしました。

 2019年11月に発売されたロッキーは、ダイハツのDNGAプラットフォームを採用した第二弾モデルとして登場。

 近年SUV市場の規模が拡大する一方、「レジャーなどのためにSUVが欲しいが、大きなクルマは苦手」というユーザーの声に対応すべく、取り回しのよいコンパクトな5ナンバーサイズながら、広い室内空間と大容量ラゲージを持つSUVです。

 従来のパワートレインは、1リッター直列3気筒ターボエンジンにCVTを組み合わせ、2WD/4WDをラインナップしていました。

 今回、ロッキー初となるハイブリッド車は「e-smart HYBRID(イースマートハイブリッド)」と呼ばれるダイハツ独自のハイブリッドシステムを搭載します。

 100%モーター駆動による素早い応答と大きなトルクでスマートな走りを実現。

 走行シーンに応じてバッテリーとエンジンでの発電を組み合わせ、モーターに電気を供給することで高い燃費を実現するとともに、バッテリー容量を必要最小限に抑えてコストパフォーマンスに優れたスマートなシステムとしました。

 このハイブリッドシステムに組み合わされるのは、ハイブリッド用に最適化した新開発の1.2リッター直列3気筒エンジンです。

 基本素性を徹底的に磨き上げるとともに、高効率な高速燃焼を実現する「高タンブルストレートポート」をはじめとした新技術を採用し、最大40%という高い熱効率を実現。

 ハイブリッド車では発電専用となるため、効率の良い回転域で運転することで低燃費に貢献するといいます。

 さらに、アクセルの踏み・戻しだけで加減速をおこなえる走行モード「スマートペダル」を設定。

 ペダルを戻したときは一般的なブレーキング以上に減速し、渋滞時やカーブ、アップダウンの多い道路など、頻繁に加減速が必要なシーンでドライバーの操作軽減に寄与します。

 スマートペダルは、出足の力強い加速が特徴の「ノーマルモード」と、燃費に優しい「エコモード」が選択可能。スマートペダルをOFFにすることも可能です。

 また、低速域ではエンジンをかけず、バッテリーだけでモーターを駆動し、夜間や早朝も静かに走行できます。

 加えて、ボディの随所に遮音材や制振材の最適配置し、ロードノイズと風切り音を低減。会話がしやすい室内空間を実現しました。

 今回はデザインも小変更を受け、大型フロントグリルのメッシュ構造がより緻密になり、ダイハツエンブレムはハイブリッド専用のブルーの縁取りが施され、ホイールデザインも、新意匠が採用されます。

※ ※ ※

 なお、ロッキーはトヨタへOEM供給されており、「ライズ」としてラインナップされており、今回のハイブリッド車がライズに展開されるのか注目されます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング