1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

2022年に日本上陸!? オペル新型「アストラ」欧州で販売開始! VW「ゴルフ」最大のライバルは約300万円から

くるまのニュース / 2021年10月20日 8時10分

独オペルは2021年10月13日、6世代目となる新型「アストラ」の注文を、ドイツおよび欧州各国で開始しました。

■オペルのベストセラーコンパクトが6世代目に進化

 独オペルは2021年10月13日、6世代目となる新型「アストラ」の注文を、ドイツおよび欧州各国で開始しました。

 アストラは、1991年に初代が登場したオペルのベストセラーモデルとなるCセグメントハッチバックです。新型は2021年7月3日に世界初公開されました。アストラ名としては6代目、前身の「カデット」を含めると11代目となる歴史あるモデルになります。

 今回登場した新型アストラは全長4374mm×全幅1860mm。ホイールベースは2675mmと、先代比で13mm長くなっていますが、全長は4mmの延長にとどまっています。また新型アストラのラゲッジルームは調整可能なフロアを備え、4名乗車時にも422リッターの荷室容量を備えています。

 110馬力を発生する1.2リッター直列3気筒ターボ+6速MTのエントリーモデルのドイツでの車両価格は、2万2465ユーロ(日本円で約300万円。19%の付加価値税VAT含む)と、従来型とほとんど変わっていないといいます。

 新型アストラのインテリアは、デジタル化された「ピュアパネル」により、アナログの計器類はなくなっています。ユーザーはスマホのようにタッチスクリーンを使って直感的に操作することが可能です。ピュアパネルはふたつの10インチディスプレイで構成されています。またフロントガラスへの映り込みを防ぐシャッター状のレイヤーにより、ディスプレイ上のフードが不要となり、ハイテクな雰囲気と機能性を高めています。

 さらに自然言語による音声コントロールやタッチ操作が可能なマルチメディア・インフォシステムは全グレードに標準装備。またワイヤレスでApple CarPlayやAndroid Autoに接続が可能です。

 また注目はシートの快適性です。自社開発のフロントシートは人間工学に基づいて開発され、とくに長距離ドライブで快適さを提供します。ドライバーはヘッドアップディスプレイから半自動運転の「インテリドライブ2.0」、インテリビジョン360度カメラまで、最先端のアシスタントシステムによってサポートされます。

オペル新型「アストラ」のインパネオペル新型「アストラ」のインパネ

 プラットフォームは旧PSA系の最新第3世代「EMP2」をベースにしています。フロントにマクファーソンストラット、リアにトーションビームというサスペンションは、高いヨーコントロールを実現するように設計されており、ブレーキング時には強い制動力を発揮、コーナリング時にも高い安定性を維持しています。ねじり剛性は先代にくらべて14%高くなっています。

 エクステリアは、最新のオペルのデザイン要素「オペル・ヴァイザー」を採用。これはSUVの「モッカ」「クロスランド」「グランドランド」に続くもので、ハッチバックとしては初の採用になります。ボンネットのシャープなラインとデイライトランニングランプの翼型グラフィックという縦と横の軸が、オペルエンブレムと交わります。また超薄型のインテリルクスLEDヘッドライトも特徴です。

オペル新型「アストラ」オペル新型「アストラ」

 パワートレインでは、ガソリン/ディーゼルエンジンに加えて、アストラとしては初めてプラグインハイブリッド(PHEV)を用意。ガソリン車は110馬力から130馬力を用意、PHEVは225馬力のシステム出力を実現しています。またガソリン/ディーゼルエンジン車は標準で6速MTが組み合わされ、上位モデルには8速AT(PHEVは電動8速AT)がオプションで用意されます。

 このアストラPHEVのドイツでの車両価格は3万5800ユーロ(約475万円)からとなりますが、ドイツの環境ボーナスを差し引くと、実質2万8622.50ユーロ(約380万円)から購入できるといいます。

 新型アストラは2022年初頭に欧州で納車がはじまる予定となっています。

※ ※ ※

 アストラは、1991年に登場した初代アストラと、1998年に登場した2代目、そして2004年に登場した3代目までは日本でも販売されていたため、日本でもファンが多いCセグメントハッチバックになります。2006年5月にオペルブランドが日本市場から撤退したため、3代目以降は日本では正規導入されませんでした。

 そのオペルは長い間GM傘下のドイツブランドでしたが、2017年にGMとの関係を断ち切り、当時のグループPSA(現在はステランティス)のブランドになっています。

 そして2020年2月に、プジョー、シトロエン、DSブランドを日本で展開するグループPSAジャパンは、オペルの日本市場への再参入を発表しています。

 その直後に世界的な新型コロナウイルス感染拡大があり、欧州にあるオペルの工場でも生産を停止する事態に陥ったため、当初の導入スケジュールは多少ずれたようですが、それでも2022年前半には日本でオペルブランドを展開する予定だとしています。

 15年ぶりとなる日本再参入を決めたオペルですが、まず登場するのはBセグメント・コンパクトハッチバックの「コルサ」、コンパクトミニバンの「コンボライフ」、そしてCセグメントSUVの「グランドライドX」の3車種になります。

 新型アストラはこのなかに入っていませんが、以前日本で展開していたときにもアストラは人気車種だったこともあり、2022年中には上陸するのではないでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング