1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ 新型SUV「フォーチュナーGRスポーツ」を連投!? スポーツ度強調の迫力顔SUVを10月下旬に比で発表か

くるまのニュース / 2021年10月22日 18時10分

トヨタのフィリピン法人は「フォーチュナー」のスポーティ仕様となる「フォーチュナーGRスポーツ」の現地仕様を2021年10月23日に発表することを明らかにしました。

■「GR」ロゴ入りのステアリングを装備か?

 トヨタが海外で展開するSUVに「フォーチュナー」が存在しますが、トヨタのフィリピン法人はフォーチュナーのスポーティ仕様「フォーチュナーGRスポーツ」を2021年10月23日に発表するとアナウンスし、公式Facebookでティザー画像を10月19日に公開しました。

 すでに、東南アジアの一部市場では投入されているフォーチュナーGRスポーツですが、フィリピン市場でもスポーティ仕様のフォーチュナーが投入されることになりました。

 フォーチュナーは現行モデルが2015年に登場した3列SUVで、東南アジアのほかにはインドやオーストラリアなどでも販売されています。

 そしてインドネシアでは、2021年8月9日に現地仕様のフォーチュナーGRスポーツが発表されました。

 フロントグリルがダーククローム色になっているほか、フロント/リアバンパースポイラー、専用アルミホイールなどが装備され、精悍な雰囲気を演出。またテールゲートやボディサイドにはGRバッジを装着します。

 搭載されるエンジンは2.4リッターディーゼルと2.7リッターガソリンのふたつが設定され、駆動方式は2WDのみの設定です(インドネシア仕様の他グレードでは4WDの設定もあり)。

 一方、8月26日にはタイ仕様のフォーチュナーGRスポーツが現地で発表されています。

 タイ仕様のフォーチュナーGRスポーツは、一部市場で導入されるフォーチュナーの上級仕様「フォーチュナー レジェンダー」寄りのフロントフェイスを採用。また外装には新デザインのリアスポイラー、専用色のアルミホイールなどが装着されました。

 内装にはレッドステッチとGRマークが配されたシート、赤のセンターマークとGRバッジ入りのステアリングなどが装備されているほか、足まわりには新開発のモノチューブショックアブソーバーを採用したことで、すぐれた操縦安定性を実現しました。

 タイ仕様のフォーチュナーGRスポーツは2.8リッターディーゼルエンジンを搭載。駆動方式は4WDのみです(タイ仕様の他グレードでは2WDの設定もあり)。

 同じシリーズ名が冠されたモデルにも関わらず、インドネシア仕様とタイ仕様でさまざまな違いがあるなか、前述のとおりトヨタのフィリピン法人は現地仕様のフォーチュナーGRスポーツのステアリングの一部と思われるティザー画像を公開。

 ステアリングのGRバッジがついている点からは、タイ仕様との共通点を見出すことができます。

 フィリピン仕様のフォーチュナーGRスポーツがどんな仕様で登場するのか、注目が集まります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング