1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」は最強のSUV!? 兄弟車「ロッキー」とどっちが好み?

くるまのニュース / 2021年11月6日 14時10分

トヨタ「ライズ」にハイブリッド車が設定され、2021年11月1日に発売されました。新型ライズ ハイブリッドについて、SNSでアンケートを実施。一体どのような評価なのでしょうか。

■ライズに待望のハイブリッドが追加された!

 トヨタSUVの人気モデル「ライズ」にハイブリッド車が追加されて2021年11月1日に発売されました。

 ライズは全長4mを切るコンパクトSUVですが、企画・製造はダイハツがおこなっており、同社では「ロッキー」として販売。トヨタへはOEM供給されています。

 2019年11月のデビューから2年が経過したタイミングでハイブリッド車が追加されたことになりますが、これについてSNSでアンケートを実施しました。

「ライズにハイブリッド車が追加されました。このクルマについてどう思いますか?」という質問では、「とても良い」が61.9%、「まあまあ良い」が28.3%、「それほど良いと思わない」が14.3%という結果となり、約9割の回答者が好印象を持ったことがわかります。

 良いと回答した人の意見として、「ターボモデルはエンジン音がうるさかったので、それがなくなりそう」「日本に丁度良い小型SUVでありながら環境性能まで良くなるとは最強」「燃費が良くてワンペダルドライブもでき、静粛性も上がっていて電動パーキングブレーキも付いたから」など、ハイブリッド車のメリットである燃費性能や静粛性に期待する声があがっています。

 ライズ ハイブリッドは、新開発の1.2リッターエンジンとハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」を組み合わせて搭載。エンジンは発電専用とし、その電力を使って100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用しました。

 シリーズハイブリッドというと、日産が「ノート」や「セレナ」「キックス」に搭載する「e-POWER」と同じ仕組みです。

 小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現した「e-SMARTハイブリッド」は、低・中速走行に強く、街乗りで使用されることが多い小型車に適したシステムだといえます。

 なお、e-SMARTハイブリッドはダイハツが開発したシステムで、トヨタが「プリウス」などに搭載するハイブリッドシステム「THS(トヨタハイブリッドシステム)」は、シリーズパラレルという方式を採用しています。

 今回のアンケートではライズ ハイブリッドを評価する意見が非常に多かったのですが、「2WDのみの設定なのでSUVなら4WDの設定も欲しい」というコメントもありました。

 なお、従来からラインナップされている1リッターターボに加え、今回のハイブリッド追加と同時にガソリン車に1.2リッターが設定されました。駆動方式は、1.2リッター搭載車はFF、1リッターターボ搭載車は4WDとなります。

 一方ハイブリッド車はFFのみとなっていることから、今後の4WD追加が期待されます。

■ライズ vs ロッキー どっちのデザインが好み?

「新型ライズハイブリッドのどのようなことに期待しますか?」(複数回答)という質問で、もっとも多かったのは「新開発の1.2リッターハイブリッドシステム搭載」と「コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費(WLTCモード 28.0km/L)」が同率で71.4%と、やはりハイブリッドのメリットに魅力を感じている回答者が多いようです。

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」

 ついで、「EVのようなレスポンスの良い加速性能」(52.4%)、「広々とした室内空間とラゲッジスペース」(40.5%)、「予防安全機能 スマートアシストを全車標準装備」(38.1%)と続き、コンパクトでありながら十分な空間・荷室や充実した安全装備もライズが人気を集める理由となっていることがうかがえます。

 また、前述のようにライズはダイハツからOEM供給を受けるモデルとなっており、ロッキーについても同じくハイブリッド車が設定されました。

「ライズとロッキーでは、どちらのデザインのほうが良いと思いますか?」という質問では、「ライズ」が68.7%、「ロッキー」が31.3%と、ライズに軍配が上がっています。

 それぞれの意見は次のようです。

●ライズ派
 ・ミニRAV4のような感じで小型でも存在感があるから
 ・ライズのほうが若々しくてスポーティーな顔だから
 ・ライズのほうが低重心で安定感がある。モデリスタエアロパーツとのマッチングも良い。

●ロッキー派
 ・ロッキーのほうが無骨
 ・グリルが目立つほうが良い
 ・グリルが大きくてSUVだなぁって感じるから

※ ※ ※

 昨今はSUVが人気を高めており、コンパクトなサイズのモデルも数多く存在していますが、全長4mを切る5ナンバーのSUVというのはライズとロッキーしか存在しません。

 小型で取り回しの良さが評価を得ており、大きなクルマからのダウンサイジングだけでなく、軽自動車などからのアップサイジング需要にも対応しているといいます。

 ライズはトヨタSUVのなかでも売れ筋モデルですし、ロッキーもダイハツの登録車のなかでロッキーはもっとも多く販売されているなど、デビューから2年でヒットモデルとなっています。

 ハイブリッドというさらなる魅力を身につけたライズとロッキーがますます人気を高めることは間違いなさそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください