1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

オレンジはもう古い!? トンネル照明に変化アリ? 白とオレンジで何が違うのか

くるまのニュース / 2021年11月23日 7時10分

トンネルの照明の色といえば? 「オレンジ」か「白」と答える人が多いかもしれませんが、実は年々「オレンジ」が減っているといいます。それはなぜなのでしょうか。

■ナトリウム灯に代わって増えているLED照明

 高速道路などのトンネルでは、オレンジと白、2種類の照明が使用されています。ふたつの色にはどのような違いがあるのでしょうか。

 高速道路のトンネル内には照明が設置されており、基本的に「白」もしくは「オレンジ」の2種類が使用されています。

 白とオレンジの両方が使われているトンネルもあれば、白のみ、オレンジのみのトンネルもありますが、照明の色はなぜ2種類あるのでしょうか。

 NEXCO東日本の広報担当者は、理由について「オレンジ色の照明である『ナトリウム灯』は、現在主流となっている白色照明の『LED照明』が開発される以前に主に使われていた照明です」と話します。

 このように、オレンジと白色の照明では、そもそもの電球が異なっており、オレンジは「ナトリウム灯」、白は「LED照明」となっています。

 現在でもナトリウム灯を使用しているトンネルは非常に多く、「オレンジの照明=古い」というイメージを持つ人は少ないかもしれません。

 しかし、実際には2011年9月に国土交通省が「LED道路・トンネル照明導入ガイドライン」を発出しており、国が管理する一般国道および高速自動車国道の照明のLED化を進めるものとして、オレンジのナトリウム灯はその数を減らしています。
 
 このようにガイドラインを定めた理由について国土交通省はホームページにて「道路・トンネルにおける適切な照明環境を確保しつつLED照明技術の的確で円滑な導入を図り、道路・トンネル照明の省電力化及び維持費の低減を目的とする」と説明しています。

 LED照明は、ナトリウム灯に比べて消費電力も少ないうえに、寿命も長く、視認性も高いのが特徴です。

 一方で、ナトリウム灯の代わりとしては、LED照明の以前に「蛍光ランプ」が使われていることもありました。

 2000年頃から採用された蛍光ランプは、少し青みのある白い光となっており、消費電力はナトリウム灯とほぼ同等ですが、ランプ自体の耐久年数が30%ほど長いのが特徴となっています。

 よって、トンネル内の照明はオレンジと白で大きく色分けはできるものの、実は種類としては、いくつかのものが混在している状況となっています。

 前出の担当者は、「NEXCO東日本管轄内のトンネルにおいても、LED照明への取り換えを順次おこなっているのが現状です」といい、オレンジのナトリウム灯が数を減らしているなかで、実は蛍光ランプもLED照明への切り替えが進められています。

■そもそもなんでオレンジのナトリウム灯が使用されていた?

 では、なぜトンネルの照明には、オレンジのナトリウム灯が使用されていたのでしょうか。 

 オレンジのナトリウム灯が使われていた理由には、当時の時代背景が関係しています。

 まずひとつは、クルマの排気ガスが滞留しやすいトンネル内でも、オレンジの光であれば視認性が高く確保できたからという理由が挙げられます。

 かつてのクルマは、排気ガスがいまほど浄化されておらず、空気がこもりやすいトンネル内では、非常に視界が悪かったといいます。

 オレンジの光は、ほかの色の光に比べて、比較的粒子が多い環境でも透過性が高く、さらに屈折しにくいという特性を持っています。

 そのため、排気ガスなどの粒子がこもったトンネルでも、運転者の視認性の向上に効果的とされていました。

白い照明が増えている。(画像は新東名のLED照明)白い照明が増えている。(画像は新東名のLED照明)

 しかし、1990年から2000年頃には、クルマの排気ガスも非常にクリーンになり、以前に比べて視認性を意識する必要がなくなったことから、ナトリウム灯に代わって蛍光ランプが採用されはじめたようです。

 続いて挙げられる理由は、当時の照明のなかでもナトリウム灯は1番消費電力が少なく、寿命が長かったことです。

 当時の日本ではナトリウム灯のほかに、水銀灯が活用されていましたが、同じ電力でもナトリウム灯のほうが明るく発光するうえに、設置のコストもかからず、耐久性などにも優れていました。

 このように、現在ではLED照明に世代交代しているナトリウム灯ですが、高速道路が開通した1960年代の日本では、トンネル内の照明として、もっとも適切な照明のひとつであったことは間違いありません。

※ ※ ※

 現在でも、まだトンネルの出入り口付近では、運転者の目がトンネルの明るさに慣れやすいように、一部ナトリウム灯が使われている場合が見られます。

 前述の通り、ナトリウム灯が使われているトンネルはまだ存在していますが、今後さらにLED照明が進化したり、新たな照明が誕生したりすることで、オレンジの照明を目にすることはなくなるのかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください