1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

初公開のホンダ新型「オデッセイ」は精悍六角形グリルで登場!? 日本で年内終了も海外で生き残る新型モデルの姿とは

くるまのニュース / 2021年11月26日 14時50分

「広汽ホンダ」は、中国仕様の新型「オデッセイ」を広州モーターショー2021で初披露しました。国内ラインナップから消滅する予定となる日本仕様のオデッセイとは対照的といえますが、どんなミニバンとしてラインナップされるのでしょうか。

■広汽ホンダ唯一のミニバンとしてラインナップ

 ホンダの中国における合弁企業「広汽ホンダ」は、中国仕様の新型「オデッセイ」を広州モーターショー2021(2021年11月19日から28日まで開催)で初披露しました。

 日本では2021年内の生産終了が発表されているオデッセイですが、中国仕様は改良を受けて継続して販売される模様です。中国ではどんなミニバンとして位置づけられているのでしょうか。

 ホンダは、中国で広州汽車との合弁である広汽ホンダと、東風汽車との合弁である「東風ホンダ」を展開します。

 中国仕様のオデッセイは広汽ホンダが取り扱う一方、その姉妹車として東風ホンダが中国仕様の「エリシオン」を取り扱うなど、すみ分けされている状況です。

 ただし、広汽ホンダと東風ホンダはともにミニバン(現地ではMPVと呼称される)をそれぞれ1車種しかラインナップしていない状況で、ホンダが2022年以降も日本市場で販売するミニバン「ステップワゴン」や「フリード」は、フリードの2列シート仕様も含めて中国に導入されません。

 ちなみにSUVやセダンに関して、広汽ホンダと東風ホンダはともに複数車種を扱っています。

※ ※ ※

 中国仕様のオデッセイは、広州モーターショー2021で発表された新型モデルで外観デザインを刷新。日本で2020年11月におこなわれたビッグマイナーチェンジに準ずる、新たな外観を手に入れました。

 水平基調のメッキ加飾が施された、六角形のフロントグリルが特徴的です。

 快適装備として、両側パワースライドドアや4ウェイ電動2列目シート、最新のコネクティッドシステム「ホンダコネクト3.0」を採用したほか、予防安全システム「ホンダセンシング」も搭載。

 パワーユニットは2モーターハイブリッドシステム「i-MMD」を採用します。

 中国市場におけるオデッセイの売れ行きは好調だと広汽ホンダは説明。2021年1月から10月の累計販売台数(3万9293台)は、前年同期比で21.6%増加しました。

 一方日本市場では、オデッセイは前述のとおり2021年末をもって生産を終了。1990年代のRVブームの頃、ステップワゴンや「CR-V」と並んでホンダの販売をけん引したオデッセイですが、27年の歴史に幕を降ろします。

 2022年以降、日本のホンダミニバンラインナップがどのように変化するのかも含めて、注目されます。

 それではここでクイズです。

 日本市場では2022年以降、ホンダのフラッグシップミニバンとなるステップワゴンですが、歴史を振り返るとなかでも大きく進化したのは、2005年から2009年に発売された3代目モデルだったといえます。

 とくに、ステップワゴン初の両側スライドドア採用は大きなトピックとして挙げられるほか、乗用ミニバン初のフローリングフロア採用など、ユニークな提案もありました。

 また、低床・低重心プラットフォームの採用により、従来と同等の室内高を保ったまま低全高化も実現しています。

 そんな3代目ステップワゴンですが、2代目モデルとの比較で全高は何mm低くなっているでしょうか。

【1】55mm

【2】65mm

【3】75mm

【4】85mm

※ ※ ※

 正解は【3】の「75mm」です。

 ホンダによると、2代目と3代目のステップワゴンを比較した場合(FFモデル)、75mmの低全高化を実現したほか、60mmの低床化、40mmの低重心化を達成。

 2列目床面地上高390mmも実現したことで、乗り降りしやすいワンステップフロアとしたことも注目されました。

※クイズの出典元:カーデイズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング