1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

トヨタ「アルファード霊柩車」等を先行制作! 大反響受けて霊柩車事業を光岡が強化 「クラウン霊柩車」も設定

くるまのニュース / 2021年12月3日 16時40分

光岡は、霊柩車や搬送車の在庫量を増やすことで、事業者の需要により早く応える体制を整えたと2021年12月3日に発表しました。光岡は「アルファード霊柩車」や「クラウン霊柩車」など、多彩なモデルを取り揃えています。

■納車までの時間を短縮! 需要にスピーディに応える光岡の霊柩車事業

 光岡は、霊柩車や搬送車の製造販売をおこなっている特装グループにおいて、霊柩車や搬送車の在庫量を増やし、体制を強化したと2021年12月3日に発表しました。またその一環として、事業者向けに先行制作による最新在庫車情報の提供を、同日より開始しました。

 光岡によると、これまで葬祭業界で霊柩車や搬送車は、クルマの仕様、代替タイミングや予算など、個別の要求に対応したいわゆる「受注生産」を基本としていたといいます。

 このため納期に時間がかかっていたほか、車両の故障や事故などで急な要望が発生した場合、代替車両が手薄になりやすい状況でした。

 これを受け、光岡の特装グループでは、新車や良質な中古車をベースにした積極的な先行制作を2021年6月よりおこない、早期に必要とされる顧客および事業者向けに即納体制を整えてきました。

 また、在庫車情報の公開も定期的に実施。この取り組みが光岡の予想を上回る反響となり、受注も好調だったことから、先行制作によるさらなる在庫車両の上積みと、買取り車や下取り車も加えた体制強化を積極的におこなう方針に決めたということです。

 光岡は、同社の霊柩車、搬送車のラインナップとして、「リューギセンターストレッチリムジン」(霊柩車)や「ガリューオーバーハングストレッチリムジン」(霊柩車)、「アルファードプレミアムフュージョン」(霊柩車兼搬送車)、「クラウンオーバーハングストレッチリムジン」(霊柩車)など、多彩なモデルを取り揃えています。

 光岡は、今回の取り組みについて「独自市場調査から分析した人気車種で制作した搬送車、霊柩車の在庫量を増やし、納車までの時間短縮、急な車両入替や増車対応を目的に、新規参入事業者を含めた葬祭事業者、霊柩運送事業者の『今』を支援する体制の強化を図ってまいります」と説明しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください