1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

理事長論文に不正疑いで調査委 国立循環器病研究センター

共同通信 / 2023年7月19日 21時42分

大阪府吹田市の国立循環器病研究センター

 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は19日、大津欣也理事長の論文に不正の疑いがあると外部の指摘があり、第三者委員会を設けて調査すると発表した。8月上旬にも始める。

 センターによると、大津理事長が責任著者となった2003~20年の7本の論文について、実験画像の使い回しがあるなどと6月に指摘があった。センター研究所の元副所長についても同様の指摘があり、調査する。

 センターは厚生労働省に6月末、経緯を報告。大津理事長は「科学者としての良心に基づき、研究活動を行ってきた。一切忖度のない公正中立な調査を行っていただきたい」とコメントしているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください