日光の仏女性不明で捜索 県警、消防団が80人態勢

共同通信 / 2018年8月10日 12時31分

栃木県日光市の憾満ケ淵周辺で、行方不明になっているフランス人女性をドローン(左上)を投入し捜索する栃木県警の捜査員ら(右端の2人)=10日午前

 栃木県日光市を観光で訪れたフランス国籍の女性ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)が7月29日以降に行方不明になっていることを受け、県警や地元消防団などが10日、ベロンさんの宿泊先に近い、渓谷の景勝地「憾満ケ淵」(同市)を起点に約80人態勢で捜索を実施した。

 県警によると、日光東照宮の南側に位置する「鳴虫山」と憾満ケ淵を結ぶ登山道で「29日午後に1人で歩いている軽装の外国人女性とすれ違った」との情報が、男性観光客から寄せられた。

 ベロンさんは身長165センチ、中肉で髪は茶色。情報提供は日光署、電話0288(53)0110。

共同通信

トピックスRSS

ランキング