インドネシア、死者千人超見通し スラウェシ島地震、増加恐れも

共同通信 / 2018年10月1日 18時12分

30日、地震と津波の被害を受けたインドネシア・パルのがれき。ソーシャルメディアから(PALANG MERAH INDONESIA提供、ロイター=共同)

 【パル共同】インドネシア・スラウェシ島を襲った地震と津波で、国家災害対策庁は1日、844人の死者を確認し、さらに「数百人」増えるとの見方を明らかにした。死者は千人を超える見通しとなった。カラ副大統領は死者が数千人に達するとの見通しを示しており、犠牲者はさらに増える恐れがある。

 同庁によると、90人が行方不明、632人が大けがを負った。避難者は約4万8千人に上る。

 1日夕で発生から4日目。生存率が急速に低下するとされる「発生から72時間」を迎え、国軍や警察は生存者の捜索と救助に全力を挙げた。被災地では水や食料、燃料の不足が深刻化。物資の略奪も発生している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング