韓国統一相がマスゲームを観覧 平壌のスタジアムで

共同通信 / 2018年10月6日 20時37分

 【平壌、ソウル共同】北朝鮮を訪問している韓国の趙明均統一相は5日夜、平壌のメーデースタジアムで李善権祖国平和統一委員長ら北朝鮮側当局者や市民らと共にマスゲームを観覧した。

 趙氏らは、2007年10月4日の南北首脳宣言の発表から11年を記念する南北合同行事に参加するため、今月4日から訪朝。韓国記者団によると、6日には植物園を訪れ、07年に故盧武鉉元大統領が植樹した松の周囲に、盧氏ゆかりの土地から持参した土や水を息子の建昊氏らがまいた。

 建昊氏は松を育ててくれた北朝鮮側に謝意を表明した。

共同通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング