「シアーズ」が破産準備か 米小売り大手、ネットに押され

共同通信 / 2018年10月11日 0時59分

米カリフォルニア州の「シアーズ」店舗=2017年8月、エルカホン(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は10日、米小売り大手のシアーズ・ホールディングスが連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を裁判所に申請する準備を行っていると報じた。12日にも申請する可能性があるという。

 シアーズはかつての小売り世界最大手。同業ウォルマートとの競争激化に加え、ネット通販大手アマゾンの台頭で業績不振が続き、店舗の閉鎖が続く。15日に1億3400万ドル(約150億円)の債務返済期限があるという。

 米小売業では玩具販売大手のトイザラスが昨年9月、連邦破産法11条の適用を申請。再建を目指したが支援を受けられず、米国の全店を閉鎖した。

共同通信

トピックスRSS

ランキング