小池知事「言葉過ぎた」と陳謝 過去の選挙戦巡り自民都連に

共同通信 / 2018年11月6日 18時58分

小池百合子知事=8月1日、都庁

 東京都の小池百合子知事は6日、自民党都連幹事長の高島直樹都議や党本部の二階俊博幹事長と5日に会談した際、過去の知事選や都議選で自民党都連を批判したことについて「言葉が過ぎた部分があった」と陳謝したことを明らかにした。

 都庁で報道陣の取材に答えた。小池氏は政府が大都市への税収集中を是正するため検討している地方法人課税の見直しに反対しており、自民党都連の協力を得るため、過去の言動を反省して歩み寄る姿勢を見せた形だ。

 小池氏は「税制の問題や、2020年東京五輪・パラリンピックというイベントを抱え、オール東京で臨みたいとお願いした」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング