フェンシング決勝、劇場で初開催 ファン開拓へ演出も

共同通信 / 2018年12月9日 21時11分

フェンシングの全日本選手権個人戦決勝が行われた東京グローブ座=9日午後、東京都新宿区(代表撮影)

 フェンシングの日本一を決める全日本選手権個人戦の決勝が9日、普段は演劇などを上演する東京都新宿区の東京グローブ座で初開催された。2020年東京五輪を前に新たなファンを開拓する試みで、試合展開に合わせた照明や大型スクリーンに試合中の選手の心拍数を表示するなど、これまでのスポーツ大会とはひと味違う演出で観客を楽しませた。

 入場券は発売後間もなく完売となり、会場はほぼ満席。ルールに詳しくない人のために解説用のラジオを配布するなどの工夫も好評で、初観戦だった横浜市の粟津由佳さん(28)は「会場がとても見やすく、説明のフォローもあって良かった」と話した。

共同通信

トピックスRSS

ランキング