中1殺害、裁判員3人解任 大阪地裁、判決に影響なし

共同通信 / 2018年12月13日 10時35分

 2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女を殺害したとして、殺人罪に問われ死刑を求刑された山田浩二被告(48)の裁判員裁判で、大阪地裁(浅香竜太裁判長)が裁判員1人と補充裁判員2人を解任していたことが13日、地裁への取材で分かった。他に2人いる補充裁判員のうち、1人を新たに選任したため、今月19日に予定されている判決に影響はないという。

 地裁によると、裁判員側から辞任の申し立てがあり、11月21日と30日付で補充裁判員2人を、12月3日付で裁判員をそれぞれ解任した。理由は明らかにしていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング