山形のホテルでぼや、百人超避難 けが人なし

共同通信 / 2018年12月16日 11時56分

 16日午前3時40分ごろ、山形県鶴岡市湯野浜1丁目のホテル「愉海亭みやじま」で、警備員から「3階の天井から煙が出ている」と119番があった。宿泊客ら約110人が一時、1階のロビーなどに避難したが、けが人はいなかった。

 鶴岡署によると、3階の部屋に宿泊していた男性が「バチン、バチン」という音を聞き、押し入れ上部にある冷暖房用の送風口から黒い煙が出ているのに気付き、フロントに連絡して、火災報知機が作動した。

 その後、消防などが状況を確認していたところ、送風口から火が出て、冷暖房用設備のファンコイルが焼損した。鶴岡署などが、詳しい原因を調べる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング