東証、9カ月ぶり2万1千円割れ 新規上場ソフトバンク大幅安

共同通信 / 2018年12月19日 19時22分

日経平均株価の終値を示すボード=19日午後、東京都中央区

 19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比127円53銭安の2万0987円92銭。終値として約9カ月ぶりに節目の2万1000円を割り込んだ。新規上場した携帯電話大手ソフトバンク株が公開価格の1500円と比べ大幅安で推移し、相場全体が失速した。

 東証株価指数(TOPIX)は6.36ポイント安の1556.15で、約1年7カ月ぶりの安値を付けた。出来高は約17億3900万株。売買代金は約2兆8046億円で、うち3840億円をソフトバンク株が占め、活発な取引となった。

 ソフトバンクは1282円で取引を終えた。初値は1463円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング