与野党、元厚労省部長国会招致へ 統計変更報告巡り

共同通信 / 2019年2月19日 11時58分

 自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の辻元清美国対委員長は19日、国会内で会談し、毎月勤労統計の調査方法の変更を巡り、2015年3月に首相秘書官に報告した姉崎猛厚生労働省統計情報部長(当時)を週内にも国会招致する方針で一致した。

 厚労省は報告後、急きょ有識者検討会を設け、短期間で結論を出すよう要請した経緯がある。野党は、統計結果に大きく影響する調査方法の変更に官邸の意向が働いた可能性があるとみて、姉崎氏から証言を得たい考えだ。

 姉崎氏は15年3月、宮野甚一総括審議官と共に中江元哉首相秘書官(いずれも当時)に直近の統計結果を報告した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング