米大統領がキス強制と提訴 選挙スタッフ

共同通信 / 2019年2月26日 8時10分

トランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】2016年米大統領選でトランプ陣営のスタッフだった女性が25日、トランプ大統領から選挙運動中に無理やりキスをされて精神的苦痛を受けたとして、南部フロリダ州の連邦地裁に損害賠償を求めて提訴した。トランプ氏がどの女性に対しても同意のないキスやセクハラをしないよう命令を出すことも求めた。米メディアが伝えた。

 訴状で女性は16年8月にトランプ氏の選挙運動でフロリダ州タンパを訪れた際、トランプ氏が女性の手をつかみ顔を近づけたと説明。顔をかわそうとしたが口の端の方にキスをされたと主張した。サンダース大統領報道官は女性の訴えはでっち上げだと反論した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング