中国、米朝に対話堅持訴え 非核化に「役割果たす」

共同通信 / 2019年2月28日 18時59分

 【北京共同】中国外務省の陸慷報道局長は28日の記者会見で、米朝首脳が再会談で合意に至らなかったことについて「事態の推移を注視している」とした上で、対話を通じた問題解決の姿勢を堅持するよう双方に促した。また中国が朝鮮半島の非核化や平和の構築に向け「引き続き積極的な役割を果たす」と強調した。

 陸氏は、米朝両国が対話により北朝鮮核問題の解決を目指す現在の局面は「得難いものだ」と繰り返し述べ、この機会を逃し、朝鮮半島情勢の緊張が再び高まることに警戒感を示した。

 中国国営通信、新華社は合意文書の署名見送りを速報で伝え、高い関心を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング