法制局長官が答弁撤回 異例の野党質問批判で

共同通信 / 2019年3月6日 18時45分

横畠裕介・内閣法制局長官

 横畠裕介内閣法制局長官は6日の参院予算委員会で、立憲民主党会派の小西洋之氏の質問姿勢を批判する答弁をして撤回、陳謝した。法制面から内閣を補佐する組織のトップが政治的な発言をして問題となるのは異例。小西氏は「長官が国会で政治的な発言をしたのは初めて聞いた」と横畠氏を非難した。

 小西氏は、安倍晋三首相の答弁が時間稼ぎだとし「聞かれたことだけ堂々と答えなさい」と大声を上げた。与党側がこの言動を問題視すると、小西氏は横畠氏に対し、行政府を監視する立法府の国会議員としての役割を質問。横畠氏は「(委員会で)声を荒らげて発言することまで含むとは考えていない」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング