米グーグル、ゲーム参入へ 専用機不要、業界変革も

共同通信 / 2019年3月20日 8時5分

グーグルが発表したゲームができる新サービス「スタディア」=19日、サンフランシスコ(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルは19日、専用ゲーム機なしで、インターネットを経由してスマートフォンやパソコンを利用しゲームができる新サービス「スタディア」を年内に米国やカナダ、欧州で始めると発表した。新方式によるグーグルの参入で、任天堂とソニー、米マイクロソフトの3強がゲーム機で覇権を争う業界の構図に変化が起きる可能性がある。

 新サービスはストリーミング配信で端末のブラウザーから遊ぶ方式。ゲームソフトをダウンロードする必要はない。最高で「4K」の高画質に対応。専用機器があればテレビにもつなげるという。料金体系は明らかにしていない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング