ドコモがセット割引打ち切りへ 携帯料金見直し

共同通信 / 2019年3月20日 16時37分

 NTTドコモが、携帯電話端末の購入と回線契約をセットにした割引の新規契約の打ち切りを検討していることが20日、分かった。端末代金と月々の通信料が一体化した料金プランが禁止される方向となったことに対応し、体系を見直す。

 打ち切りの対象は、購入した端末に応じて通信料を最大2年間限定で割り引く「月々サポート」と、特定の端末を買えば通信料を無期限に月1500円割り引く「ドコモウィズ」の2プラン。いずれも既存の契約者への提供は継続する。

 政府は今月上旬、電気通信事業法の改正案を国会に提出。年内にも端末代と通信料を切り離した「分離プラン」を義務化することを目指す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング