愛知2養豚場で殺処分完了 岐阜では防疫作業終える

共同通信 / 2019年3月31日 18時49分

 愛知県は31日、豚コレラ発生を29日に確認した同県瀬戸市と田原市の養豚場で殺処分を終えたと発表した。頭数は瀬戸市で1468頭、田原市で1014頭。死骸埋却や施設消毒といった防疫作業を引き続き進める。また岐阜県は31日、豚コレラが発生し、666頭を殺処分した同県美濃加茂市の養豚場で、防疫作業を完了した。

 愛知県内では27日以降に豚コレラの発生が相次ぎ、同日に発生が確認された瀬戸市の別の養豚場では、4131頭の殺処分を既に終えた。

 28日には4施設が集まる田原市の養豚団地の1施設でも感染が確認され、約7600頭の殺処分を進めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング