男子ゴルフ、小田孔明ら首位保つ 東建ホームメイト杯第3日

共同通信 / 2019年4月20日 17時39分

第3日、5番でティーショットを放つ小田孔明。通算10アンダーで首位=東建多度CC名古屋

 東建ホームメイト・カップ第3日(20日・三重県東建多度CC名古屋=7081ヤード、パー71)5年ぶりのツアー優勝を狙う小田孔明が3バーディー、3ボギーの71で回り、通算10アンダーの203でデービッド・オー(米国)とともに首位を保った。1打差の3位は出水田大二郎。

 トップと2打差の4位は67の好スコアを出した岩田寛、比嘉一貴ら6人が並んだ。通算7アンダーの10位に貞方章男ら6人がつける。昨季賞金王の今平周吾は2アンダーの45位で、昨年優勝の重永亜斗夢は1アンダーの52位。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング