禁輸撤廃、月内に韓国に再要請へ 水産物巡り協議、難航必至

共同通信 / 2019年4月20日 20時49分

 政府は世界貿易機関(WTO)の紛争処理手続きで韓国に敗訴した水産物禁輸問題を巡り、今月中に禁輸措置の撤廃・緩和を韓国側に再び要請する方針を固めた。速やかに事態打開を図る必要があると判断した。日韓双方が23日に東京で開く方向で調整している外務省局長級協議で伝える。複数の政府筋が20日、明らかにした。敗訴した日本が守勢に立たされるのは必至で、交渉は難航しそうだ。

 WTOでの日本敗訴を受け、韓国は12日に福島など8県産の水産物輸入禁止措置を維持すると表明している。「韓国側が再要請に応じ、禁輸を緩和する可能性は皆無に近い」(日韓外交筋)との見方は根強い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング