柔道男子合宿で大野ら力強い動き 世界選手権代表、リネールも参加

共同通信 / 2019年5月4日 18時24分

強化合宿で汗を流す大野将平(右)=味の素ナショナルトレーニングセンター

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)男子日本代表が4日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を報道陣に公開し、2016年リオデジャネイロ五輪73キロ級王者の大野将平(旭化成)らが乱取りなどで力強い動きを披露した。

 81キロ級で昨年世界選手権2位の藤原崇太郎(日体大)は接近戦の強化に加え、精度を磨いているという担ぎ技も入念に確認。「今年勝つことで東京五輪が近づく」と初の世界一へ意欲を示した。

 この日は100キロ超級で五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)ら海外の五輪金メダリストや世界王者ら強豪が参加した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング