景気判断、6年ぶり「悪化」 3月動向指数、引き下げ

共同通信 / 2019年5月13日 18時19分

新宿副都心

 内閣府は13日、3月の景気動向指数を発表し、基調判断について、景気が後退している可能性が高いことを表す「悪化」に引き下げた。「悪化」としたのは、第2次安倍政権が発足した翌月の2013年1月以来6年2カ月ぶり。中国など海外経済の停滞が輸出に波及し、鉱工業生産が減少。景気の現状を捉える一致指数(15年=100、速報値)が前月比0.9ポイント低下の99.6となったため、判断を機械的に修正した。

 米中貿易摩擦の激化で世界経済の減速懸念が増しており、政策運営は難局を迎えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング