千葉県警、拉致疑いの男性を発見 50代、国内で

共同通信 / 2019年5月20日 11時24分

 千葉県警は20日、「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない」行方不明者883人のうち、1992年に失踪した50代男性を今年4月に国内で発見したと明らかにした。県警は失踪当時20代だったとしているが、プライバシーを理由に詳細を説明していない。

 警察庁によると、拉致の可能性を排除できない行方不明者は882人になった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング