米高校銃乱射の記録映画が完成 在米の日本人女性が初監督

共同通信 / 2019年5月20日 15時31分

「アフター・パークランド」の初上映後にステージに上がった田口恵美里さん(右端)と出演した生徒たち=4月、米ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】在米の日本人女性が監督を務めた米高校銃乱射事件のドキュメンタリー映画がこのほど完成した。事件後、絶望から立ち上がろうとする生徒や遺族の心情を丁寧に描いた作品。4月下旬の初上映には出演した生徒らも駆け付け、観客の大きな拍手を浴びた。

 この女性は東京都出身で大学から米在住の田口恵美里さん。現在は米テレビ局の報道プロデューサーなどをしており、昨年2月に南部フロリダ州の高校で生徒14人を含む17人が死亡した乱射事件を、初監督映画「アフター・パークランド」にまとめた。

 ニューヨークのトライベッカ映画祭での初上映後、観客はほぼ総立ちになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング