F1の元王者に市民らお別れ ウィーンの大聖堂でラウダ氏葬儀

共同通信 / 2019年5月30日 0時34分

ニキ・ラウダ氏のひつぎの前で、ラウダ氏のヘルメットを持って歩く息子(右)ら=29日、ウィーン(AP=共同)

 【ウィーン共同】オーストリアの首都ウィーンのシュテファン大聖堂で29日、自動車F1の元世界王者で20日に死去したニキ・ラウダ氏の葬儀のミサが営まれた。小雨が降る中、多くの市民が訪れ、オーストリアの英雄の安らかな眠りを祈った。

 地元メディアによると、祖国を訪れていた米俳優アーノルド・シュワルツェネッガー氏はミサで「スピードや生きざまにも限界などない人だった」と故人をしのんだという。チームメートだった元F1ドライバーのアラン・プロスト氏、ファンデアベレン大統領らも参列、惜別の言葉を述べた。

 ラウダ氏はウィーン市内の墓地に埋葬されるという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング