難民認定求めクルド人提訴、札幌 「トルコ帰国すれば迫害」

共同通信 / 2019年6月20日 16時42分

 人種上の理由からトルコで迫害を受けて日本に入国したクルド人の男性(26)=札幌市=が、トルコに帰国すれば再び迫害される恐れがあるのに難民認定されないのは不当として、20日までに国に認定を求め札幌地裁に提訴した。20日開かれた第1回口頭弁論で国側は請求棄却を求めた。

 提訴は4月11日付。男性はトルコでクルド系の非合法政党に協力していることが警察に知られ拷問を受けていた。トルコでは生活困難と考え2014年に兄のいる日本に渡航した。

 札幌入国管理局から難民認定されず「特定活動」の在留資格で滞在し、2018年3月在留資格が失効。現在は仮放免の許可を受けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング