生徒に生理日数報告強制、滋賀 県立栗東高、水泳見学で

共同通信 / 2019年6月21日 11時26分

 滋賀県栗東市の県立栗東高で、複数の体育教諭が4~5年前から水泳の授業を見学する女子生徒に生理日数を報告させていたことが21日、同校や県教育委員会への取材で分かった。保護者が県教委に抗議。西藤仁校長は「精神的な苦痛を与えてしまい、申し訳ない」と陳謝している。

 同校などによると、1年生の女子生徒が職員室で見学を申し出た際、ほかの教師がいる前で、学年や名前とともに生理日数を報告させられた。13日に保護者が抗議したが、改善されなかったため、翌日に再び抗議した。 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング