レンブラント「夜警」を公開修復 ガラス越し見学可、ネット中継も

共同通信 / 2019年7月9日 7時34分

レンブラントの「夜警」の修復準備作業を、ガラス越しに見守る美術館の来訪者ら=8日、アムステルダム(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、アムステルダム国立美術館は8日、17世紀オランダ絵画の巨匠レンブラントの代表作「夜警」の修復を始めた。絵は通常の展示場所にとどめ、作業は来館者がガラス越しに見られる。インターネット中継も行う。約300万ユーロ(3億6500万円)を投じ、1年かけて修復する見込み。

 大規模修復は1975年、来館者に刃物で12回にわたり切り付けられた後に実施して以来。90年にも化学スプレーを吹き付けられるなど繰り返し痛めつけられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング