香港警察、デモ隊を強制排除 衝突で催涙弾使用、17人負傷

共同通信 / 2019年7月28日 1時38分

27日、香港の元朗で、抗議行動の参加者に向けて警官隊が発射した催涙弾の煙(ロイター=共同)

 【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡り、本土に近い香港・新界地区の元朗で27日、反対派市民を狙ったとみられる暴行事件への抗議行動が実施された。参加者は警官隊と衝突。香港メディアによると、警官隊は催涙弾とゴム弾を使用し、同日夜までにデモ隊を強制排除した。17人が負傷し、うち2人が重傷。多数が拘束されたという。

 事件対応が遅れた警察への反発が強まる中、警察は公共の安全が脅かされるとしてデモを許可しない異例の決定をしたが、デモは強行され、現場周辺は緊迫が高まった。

 デモ隊側によると、28万8千人が参加した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング