貴景勝は夏巡業全休の見通し 師匠、秋場所「出る方向」

共同通信 / 2019年7月31日 16時32分

貴景勝

 大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落する貴景勝について、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は31日、夏巡業を全休する見通しを示した。当面は不安を抱える右膝の治療とリハビリに専念する予定で、同親方は「本人とも話すが、今のところ巡業は考えていない」と述べた。

 貴景勝は新大関だった5月の夏場所で右膝を負傷、名古屋場所は全休し2場所連続負け越しで、わずか在位2場所で転落。

 貴景勝は秋場所で10勝以上すれば大関に復帰できる。同場所については千賀ノ浦親方は「出場する方向でいる。本人ももちろん出たいだろうし、私も出す考えだ」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング