米対中追加関税、1日発動が確定 官報掲載、12兆円分に15%

共同通信 / 2019年8月31日 10時49分

30日、ホワイトハウスで記者団の取材に応じるトランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は30日、中国からの輸入品1120億ドル(約12兆円)分に9月1日から15%の追加関税を課すと官報に掲載した。中国の知的財産権侵害に対する制裁措置第4弾の1回目の発動となる。産業界には発動延期への期待もあったが、トランプ米大統領は30日、予定通り実施すると表明し、発動が確定した。中国も9月1日に米農産品などに報復関税を課す予定で、対立は一段と激しさを増している。

 トランプ氏は「制裁関税で中国との交渉上の立場は信じられないほど強まった」と強調。一方、閣僚級貿易協議は開催の見通しを示し、話し合いは続けていく方針だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング