サッカー、10日ミャンマー戦 代表森保監督「いい判断を」

共同通信 / 2019年9月9日 21時6分

ミャンマー戦を控えた練習で、選手に指示を出す森保監督(左上)=ヤンゴン(共同)

 【ヤンゴン共同】サッカー日本代表は、10日午後6時50分(日本時間同9時20分)からヤンゴンでのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選でミャンマーと対戦する。雨期のアウェーでF組初戦に臨む森保監督は9日に記者会見し「いい判断をして相手を上回っていけるよう戦ってほしい。想定外のことが起こることも考えないといけない」と話した。

 7大会連続のW杯出場を目指す日本は試合会場で冒頭以外を非公開として最終調整した。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は33位、ミャンマーは135位。対戦成績は旧ビルマを含め5勝5分け2敗。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング