埼玉県で豚コレラ2例目 小鹿野町の養豚場、殺処分へ

共同通信 / 2019年9月17日 12時41分

2例目の豚コレラを確認したことを受け、緊急対策本部会議で発言する大野元裕埼玉県知事=17日午前、さいたま市

 埼玉県は17日、同県小鹿野町の養豚場で飼育している豚が豚コレラに感染していたと発表した。秩父市の養豚場で感染が確認されたのに続き、県内2例目。両施設間は約5.5キロ離れている。

 県は小鹿野町の養豚場で飼育している全1118頭を殺処分するほか、この養豚場に対し豚以外の動物の移動も禁じた。

 県によると、小鹿野町の養豚場は秩父市の養豚場と同様、山梨県笛吹市の食肉処理場に豚を出荷していた。秩父市での感染確認を受け、県職員が豚の搬出制限区域(半径10キロ)内にある小鹿野町の養豚場を16日に立ち入り検査した際、一部の豚に異常がみられ、17日に豚コレラと確認された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング