「忘れられる権利」、EU限り ネット検索巡り司法裁

共同通信 / 2019年9月24日 18時3分

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)司法裁判所(ルクセンブルク)は24日、個人情報のインターネット検索ができなくなるよう米グーグルなどに要請できる「忘れられる権利」の適用は、この権利を法制化したEU域内に限られるとの判断を示した。

 フランス当局がEU域外での適用を要求し、グーグルがこれを不服として提訴していた。

 フランス側は、情報が国境を越えるネット上では、域内のみの措置ではプライバシーが保護できないと主張。グーグルは、EU法の効力は域外に及ばない上、国家による世界規模での情報消去など権利乱用を促す「危険な前例」になりかねないとし、域内限定を訴えていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング