出雲大学駅伝、国学院大が初優勝 2連覇狙った青学大は5位

共同通信 / 2019年10月14日 17時42分

初優勝を果たした国学院大アンカーの土方英和=出雲ドーム

 「大学三大駅伝」の初戦、出雲全日本大学選抜駅伝は14日、島根県の出雲大社前から出雲ドーム前までの6区間45.1キロで行われ、国学院大が2時間9分58秒で初優勝した。全日本大学駅伝、東京箱根間往復大学駅伝との三大駅伝でも初制覇となった。

 8秒差の2位が駒大、3位は東洋大、4位は東海大だった。2連覇を狙った青学大は5位。

 1区で5位だった国学院大は、2区以降も上位集団に食らい付き、トップの駒大と37秒差の4位でたすきを受け取ったアンカーの土方英和が逆転した。青学大は2区と4区で区間賞の走りを見せたが、終盤に伸ばせなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング