さらば「有楽町スバル座」 都心で戦後間もなく開館

共同通信 / 2019年10月20日 20時40分

有楽町スバル座の館内で、歴史を紹介するパネルを見る人々=20日午後、東京都千代田区

 戦後間もなく東京都心にオープンした映画館で、焼失と再開館を経た後も人々に親しまれてきた「有楽町スバル座」(東京都千代田区)が20日閉館した。施設の老朽化が主な理由という。

 最後の上映作品は大林宣彦監督の「花筐 HANAGATAMI」。上映後のイベントには、大林監督や出演者の常盤貴子さんらが登壇し、劇場スタッフに花束を手渡した。常盤さんは「閉館は寂しいですが、映画はずっとつながっていく」と観客に語り掛けた。

 同館は1946年に「丸の内スバル座」として開館した。新作映画を先行上映するロードショー劇場の先駆けとして人気を博した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング