女川原発の再稼働同意差し止めを 石巻市民、計画不備と仮処分申請

共同通信 / 2019年11月12日 19時20分

宮城県・女川原発の30キロ圏

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に住む石巻市民17人が12日、県と市に対し、2号機再稼働の前提となる地元同意をしないよう求める仮処分を仙台地裁に申し立てた。「重大事故に備えて、県と市が策定した住民避難計画には実効性がない」と主張している。

 住民側弁護士によると、自治体に同意差し止めを求める仮処分申請は全国初とみられる。女川2号機は原子力規制委員会の審査合格が近づいている。県と市は今後、再稼働に同意するかを判断する。再稼働を目指す電力会社にとって、地元同意は事実上不可欠な工程だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング