ハンド女子、日本は完敗で初黒星 世界選手権、スウェーデンに

共同通信 / 2019年12月3日 22時16分

日本―スウェーデン 後半、相手DFの激しいチャージを受ける大山。7メートルスローを獲得=パークドーム熊本

 ハンドボール女子の世界選手権第4日は3日、パークドーム熊本などで行われ、1次リーグD組で開幕2連勝の日本は第3戦で同じく2連勝のスウェーデンに26―34で完敗し、初黒星を喫した。

 日本は田辺(北国銀行)の連続得点などで滑り出したが、体格差のあるスウェーデンに中盤からは攻守で苦戦。前半を13―20で折り返すと、後半も点差を広げられた。

 D組では2016年リオデジャネイロ五輪優勝のロシアが34―13でコンゴ(旧ザイール)を退けて3連勝とした。アルゼンチンは34―28で中国を下して初勝利。コンゴと中国は3連敗となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング