絶滅危惧種の鳥ヤイロチョウ死ぬ 高知の動物園で唯一展示

共同通信 / 2019年12月7日 0時52分

死んだヤイロチョウ(わんぱーくこうちアニマルランド提供)

 高知市の市立動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」は6日、展示していた絶滅危惧種の鳥、ヤイロチョウが5日夕、老衰で死んだと発表した。動物園で見ることができるのは全国で同園のみで、世界で一番長く飼育されていた。

 ヤイロチョウは、体や羽に八つの色を持つ渡り鳥で、高知県の県鳥。環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。

 死亡したヤイロチョウは雌で推定年齢12歳以上。2008年6月、高知県東部で翼の骨が折れた状態で発見され、保護された。同園での飼育期間は11年5カ月で、担当者は「少しずつ衰えていたが、よくここまで生きてくれた」と話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング