西之島、溶岩が海まで到達 噴火続く、海上保安庁が観測

共同通信 / 2019年12月7日 22時25分

溶岩が海まで流れていることが確認された東京・小笠原諸島の西之島=7日午後(海上保安庁提供)

 海上保安庁は7日、昨年7月以来の噴火が確認された東京・小笠原諸島の西之島で、溶岩が海まで流れているのを観測したと発表した。噴火が続いており、噴煙や噴石も断続的に出ている。海保や気象庁は、周辺を航行する船舶に注意するよう呼び掛けている。

 海保によると、溶岩が海まで到達したのは7日午後1時ごろから約30分間にわたり、航空機で上空から観測し判明した。

 西之島の噴火は6日、海保の観測で確認。同日の調査では、溶岩は海岸まで約200メートルの地点に達していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング