大相撲の東関親方が死去 元幕内潮丸、41歳の若さ

共同通信 / 2019年12月14日 13時25分

死去した東関親方

 大相撲の元幕内潮丸の東関親方(本名佐野元泰=さの・もとやす)が13日午後9時52分、血管肉腫のために東京都葛飾区の東関部屋で死去した。41歳。静岡県出身。体調を崩し、昨年11月の九州場所から休場して治療していた。

 元関脇高見山が師匠を務めた東関部屋に入門し、1994年春場所で初土俵を踏んだ。2002年初場所で新十両、02年秋場所で新入幕を果たした。押し相撲を武器に活躍し、幕内を12場所務めた。最高位は前頭10枚目。09年夏場所限りで引退し、部屋を継承した。相撲協会では審判委員などを務めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング